TOKYO M.A.P.S BLOG

2011年5月アーカイブ

とうとう最後のステージになってしまいました。

TOKYO M.A.P.S。終わってしまうのがもったいないような、さびしいような。

そんなラストステージを飾ってくれたのは、小坂忠さんです。

登場はプログラムオーガナイザーの高橋幸宏さんと2人。

小坂さんのギターで「ありがとう」を共演しました。

続いてバンドメンバーがステージイン。

ギター: 鈴木茂、高野寛、中野督夫

ベース: TATSU

ドラム: 坂田学

という豪華メンバー! ラストにふさわしいライブで、

TOKYO M.A.P.S YUKIHIRO TAKAHASHI EDITIONをしめくくってくれました。

ライブ終了後にはオーガナイザーの高橋幸宏さんが再びステージに登場。

「東京のど真ん中でこんなライブができるなんて夢のようでした。ありがとう」

とオーディエンスにメッセージを送ってくれました。

 

_MG_8758.jpg 

 

_MG_8836.jpg

 

_MG_8972.jpg

 

_MG_9669.jpg

_MG_9072.jpg 

 [セットリスト]

1. ありがとう (小坂忠+高橋幸宏)

2. 夢を聞かせて

3. ほうろう

4. 機関車

5. 雨はいつか

6. 花いちもんめ

7. I believe in you

8. 勝利者

9.WHAT A WONDERFUL WORLD

 

だんだんと暮れてきた六本木ヒルズアリーナに曽我部恵一さん率いるサニーデイ・サービスが

登場しました。

当初の発表では、曽我部さんのソロでの出演でしたが、メンバーがそろって、

サニーデイ・サービスでの出演がかないました。

六本木ヒルズアリーナは超満員、アリーナが見下ろせるベランダにもたくさんの人が集まって、

サニーデイ・サービスのサウンドに酔いしれていました。

      _MG_9556.jpg 

 

_MG_9572.jpg

 [セットリスト]

1. baby blue

2. 恋におちたら

3. 今日を生きよう

4. ふたつのハート

5. コーヒーと恋愛

相変わらず満員の六本木ヒルズアリーナに次に登場したのは、清 竜人さん。

はずかしそうに話すMCとは正反対の魂のこもった歌声に客席もじっと聞き入っていました。

 

_MG_8419.jpg

 

_MG_8474.jpg 

 

_MG_8480.jpg

 

_MG_9534.jpg

 

[セットリスト]

1. ぼくらはつながってるんだな

2. パパ&ママ愛してるよ!

3. 痛いよ

4. ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング

5. ホモ・サピエンスはうたを歌う

 

 

 

超満員の六本木ヒルズ。

大歓声の中キリンジが登場、4曲を披露してくれました。

午後の風が心地よい穏やかなライブでした。

_MG_8226.jpg

 

_MG_8261.jpg

 

_MG_9469.jpg

 

_MG_9491.jpg

[セットリスト]

1. YOU'VE GOT A FRIEND

2. エイリアンズ

3. Drifter

4. 夏の光 

今日3組目はリリー・フランキーさん

一曲目から楽しいトークは笑いに包まれました。

メンバーのギター富沢タクさんは福島県いわき市出身。

同じ福島県出身のアートディレクター箭内道彦さんと

福島県を支援する曲を配信しています。

2曲目にはステージには箭内さんも登場し、

その曲「予定~福島に帰ったら」を披露してくれました。

 

_MG_8110.jpg

_MG_8128.jpg

_MG_8168.jpg

_MG_9461.jpg 

[セットリスト]

1. バラ

2. 予定~福島に帰ったら

3. ジェイミー

 

 

本当にさわやかなお天気で、ライブにうってつけの一日です。外にいるのが気持ちいい~。

今日の2人目は高野寛さん。昨日はTYTYTのメンバーとしてトリを務めてくださいました。

ソロのステージはまたうってかわった雰囲気。高野さんのギターとパーカッションの

2人だけで「節電仕様」の編成です。

午後のやわらかな日差しの中に高野さんののびやかな歌声がぴったり。

会場も大いに盛り上がりました。

 

_MG_7999.jpg

_MG_8005.jpg

_MG_8044.jpg

_MG_9410.jpg 

[セットリスト]

1. 相変わらずさ

2. 雪どけ

3. アトムの夢

4. ベステンダンク

5. 夢の中で会えるでしょう

6. 確かな光

お天気快晴!TOKYO M.A.P.S YUKIHIRO TAKAHASHI EDITION2日目がスタート。

今日のトップバッターは4 bonjour's parties です。

J-WAVE 月ー木14時からのワイド番組「Rendez-Vous」のテーマ曲やジングルを担当しています。

番組に幸宏さんがゲスト出演したときにジングルを聞いて「いいんじゃない?誰が作ってるの?」

というのがきっかけで今回のTOKYO M.A.P.Sに大抜擢されました。

カラフルな帽子をかぶって登場した8人組。ギター、ドラム、ベースにフルートやトランペット、

アコーディオンも入って、魔法の国の音楽隊のようなアーティスティックなパフォーマンスでした。

 

_MG_7879.jpg 

_MG_7907.jpg

_MG_9361.jpg

 

_MG_9397.jpg

 [セットリスト]

1. valzer di onesti

2. pins and needles

3. optical song

4. omicron

5. tap tap

いよいよ今日一日のラストを飾るTYTYT(高橋幸宏+宮内優里+高野寛+権藤知彦)が登場。

権藤さんが体調不良のため、欠席で今日は高橋さん、宮内さん、高野さんの3人でのステージと

なりました。

インストルメンタルの曲からスタート、一瞬にして、会場がその世界観に引き込まれていきます。

続いて高橋さんのボーカルで「Blue Moom Blue」、高野さんばボーカルの「See You Againn」

など、インストルメンタルとボーカル曲を交互に織り交ぜた、あっという間の1時間でした。

 

tytyt_1.jpg

 

tytyt_2.jpg 

 

tytyt_3.jpg

 

tytyt_4.jpg

 

tytyt_5.jpg

 

[セットリスト]

1. sievi_ (inst)

2. Blue Moon Blue (vocal: 高橋幸宏)

3. See You Again (vocal:高野寛)

4. 夜の海を走って月を見た (vocal:高野寛)

5. ael_ (inst)

6. 君住む街へ (vocal: 高野寛)

7. okt_ (inst)

8. Everybody Had A Hard Year (vocal:高橋幸宏)

9. 春がいっぱい (inst)

 

本日5番目の出演者安藤裕子さんの登場です。

雨がしとしと降り始めた六本木ヒルズアリーナのお客様は、

それでも皆帰らず安藤さんの登場を待ちます。

ステージに現れると歓声に包まれました。

くるりのカバー「ワールズエンド・スーパーノヴァ」をはじめ、

震災後に書き下ろしたチャリティーソング「地平線まで」などを

独特の歌声を、六本木ヒルズアリーナに響かせていました。

 

_MG_7526.jpg 

 

_MG_7532.jpg

 

_MG_7540.jpg

 

_MG_7589.jpg

 

[セットリスト]

1. ジ・アザー・サイド・オブ・ライフ

2, 夜と星の足跡 三つの提示

3. ワールズエンド・スーパーノヴァ

4. 問うてる

5. 地平線まで

 

 

 本日のライブも後半戦へ。

4人目は坂本美雨さんです。

黒いトップスに白いロングスカートの装いで登場すると、

ステージの雰囲気がパッと明るくなりました。

透き通るような歌声に会場もじっと聞き入っていました。

5曲目の「Never ending story」では、今日3度目の登場の

チェリスト徳澤青弦さんと「本当に偶然通りかかった」という

タブラ奏者のU-zhaanがサプライズでステージ場に

タブラがないので、タンバリンでの参加となりました。

ラストはデビュー曲の「The otner side of love」

坂本美雨の魅力を堪能できるステージでした。

 

_MG_7426.jpg 

 

 

 

_MG_7448.jpg

 

_MG_7452.jpg

 

_MG_9230.jpg

[セットリスト]

1. Ride

2. 波間にて

3. YOU Raise Me Up

4. 空中庭園

5. THE NEVER ENDING STORY

6. Sister M (The Other Side Of Love)

 

続いてはトクマルシューゴさん。

帰る人のほとんどいない六本木ヒルズアリーナ。

トクマルシューゴさんが登場すると、オーディエンスから大歓声が。

MCがほとんどなく、30分間で、8曲!という聴きごたえたっぷりのライブ。

どこか懐かしくて、ときに穏やかでときにダイナミックな、素直でカラフルな

サウンドに酔いしれる夕暮れとなりました。

 

_MG_7294.jpg

 

_MG_7324.jpg

 

_MG_9184.jpg

 

_MG_9186.jpg

 

[セットリスト]

1. Platform-Tracking Elevator

2. Lahaha

3. Future Umbrella - Green Rain

4. Linne

5.  Vista

6. The Map

7. Rum Hee

8. Parachute

 

本日2人目はmitoさん。

どんどん集まってくるオーディエンスを前にクラムボンとはまた違った

mitoソロプロジェクトならではのオシャレで都会的な世界観で会場を

包み込みました。

mitoのギターjにドラム、そして、ここでも登場のチェロの徳澤青弦さんのセット。

これまでのmitoソロプロジェクトの中からのお気に入りの曲と5月末に公開予定の映画

「マイ・バック・ページ」のサントラから、そして最後には最新のソロアルバムからの曲

「White State 18」を披露してくれました。

 

_MG_7211.jpg 

 

_MG_7219.jpg

 

_MG_9110.jpg

 

_MG_9124.jpg

 

[セットリスト]

1. アメリカガエリ

2. BONO UFO

3. Till When I come to own world

4. My Back Page sound track 1

5. My Back Page sound track 2

6. 312

7. white state 18

TOKYO M.A.P.S初日。

ちょっと肌寒い気候の中たくさんのオーディエンスの方に集まっていただきました。

開場と同時に客席は満員に。

今年のトップバッターはコトリンゴさん。やわらかい雰囲気とエンジェルボイスが

六本木ヒルズアリーナいっぱいにひろがりました。

スピッツのカバー「渚」からスタート。

カバーアルバムpicnic album 1 、2からのカバー3曲のあと、

「スペシャルゲスト」チェリストの徳澤青弦さんが登場。

チェロの音も交えて、ふんわりしたコトリンゴの声、卓越したピアノテクニックを

堪能できるライブとなりました。

 

_MG_7081.jpg 

 

_MG_7101.jpg  

_MG_7155.jpg

 

_MG_9100.jpg

 

[セットリスト]

1. 渚

2. Downtown

3. 恋とマシンガン

4. こんにちは またあした

5. おいでよ

6. tiey tiey tea

 

TOKYO M.A.P.Sの2日目、5月4日12時30分から

TOKYO M.A.P.SそしてJ-WAVEの特別番組「EARTH SYMPHONY」と連動し、

被災地復興支援のためのチャリティ・バザーを開催します。

J-WAVE Heart to HeartEARTH SYMPHONY BAZAR in TOKYO M.A.P.S」。

中野めぐみが店長を務め、特番の出演者である坂本龍一さんや

TOKYO M.A.P.S出演者である高橋幸宏さん提供グッズの販売、

J-WAVEオリジナルのチャリティTシャツやタオルの販売、

アーティストによる似顔絵販売などを行います。

 

<5月4日9:00放送「EARTH SYMPHONY」>

http://www.j-wave.co.jp/holiday/20110504/

TOKYO M.A.P.S初日、5月3日朝9時から、

TOKYO M.A.P.Sと連動した特別番組

J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL

WORLD HAPPINESS&SMALL PEACE」をオンエア!

DJ TAROのナビゲートでTOKYO M.A.P.Sの出演者が

総登場。ライブの生中継も実施します。

http://www.j-wave.co.jp/holiday/20110503/

5月4日18:00に登場する曽我部恵一さん、サニーデイ・サービスとしての出演することになりました!

 

TYTYTのステージにご出演予定だった権藤知彦さんは、体調不良のために出演キャンセルとなりました。ご了承ください。