TOKYO M.A.P.S BLOG

2日間の幕開けは 赤い公園

いよいよ始まりました。J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKASHI KOBAYASHI EDITION。トップバッターは話題のガールズバンド「赤い公園」。
いつも通りの全員白の衣装で登場し、いきなりヒット曲「絶対的な関係」からスタート。一気に観客の
心をつかむと「今日は六本木だしか『かかってこいやぁ!』なんて言わないよ」といったとたんに「かかってこいやぁ』とオーディエンスをあおり、いきなりのロックサウンドを六本木ヒルズに響かせました。
ラストの「ふやける」では、ベースの藤本とギターの津野がステージを飛び下り観客席へ。大盛り上がりの中、全8曲の演奏を終了しました。ポップでロックでフレッシュなこれからはじまるTOKYO M.A.P.Sへの期待感に120%応えるパフォーマンスを披露してくれました。

1. 絶対的な関係
2. ひつじ屋さん
3. のぞき穴
4. 今更
5. 交信
6. 風が知ってる
7. きっかけ
8. ふやける

8L1A7887.jpg

DSC_5295.jpg

DSC_5579.jpg