TOKYO M.A.P.S BLOG

シシド・カフカ 激熱のステージ

TOKYO M.A.P.S初日も後半戦。次に登場したのは、シシド・カフカ。ロングヘアーでスレンダーな外見とは反比例するような、ドラム・ボーカルの激しいステージを届けてくれました。6月17日リリースするミニ・アルバム「K⁵(Kの累乗)」から斉藤和義をフィーチャーした「Don't be love」、甲本ヒロトをフィーチャーした「バネのうた」を初披露、最初から最後まで、熱いパフォーマンスで突っ走りました。シシド・カフカは、18:00~J-WAVEでオンエアするスペシャルプログラム「DISCOVER MUSIC」にもナビゲーターとして登場します。

M1 キケンなふたり
M2 2つの太陽
M3 Don't be love
M4 Dr. solo
M5 バネのうた
M6 負けないゲーム


IMG_0236.jpg

IMG_8043.jpg

IMG_8084.jpg