TOKYO M.A.P.S BLOG

最高潮のファイナルステージはSOIL&"PIMP"SESSIONS!

ペトロールズの熱気を帯びたまま、TOKYO M.A.P.S SEIJI KAMEDA EDITIONは、大トリのSOIL&"PIMP"SESSIONSが登場。見事なテクニックに裏打ちされたラウドなサウンドが会場を揺らします。すでに盛り上がっているオーディエンスを社長がさらにあおり、最高潮達したかと思われたところに、ペトロールズから長岡亮介と三浦淳悟(ジャンボ)が加わり、Connected のTOKYO M.A.P.S EXLUSIVE VERSIONを演奏、河村俊秀(ボブ)を呼び込み、さらに「もう一人呼びたい」と客席をあおると会場から「カメダ、カメダ」のカメダコールが、オーガナイザーの亀田誠治が登場したところでステージもオーディエンスも全員で「TOKYO M.A.P.S」をコール。会場全体が震えるほどの歓声でTOKYO M.A.P.S SEIJI KAMEDA EDITIONは熱い2日間の幕を閉じました。

M1 BLACK MILK
M2 閃く刃
M3 表nothin' 裏girl
M4 Spartacus Love Theme
M5 SUMMER GODDESS
M6 Connected
M7 殺戮のテーマ

_MG_0242.jpg

DSC_2406.jpg

DSC_2580.jpg

SA1_3771.jpg