TOKYO M.A.P.S BLOG

2017年5月アーカイブ

夜の闇に包まれた六本木ヒルズアリーナ。
リハーサル中に鳴り響く重いビートと共に降り出した雨...
 
2日間に渡って続いた「TOKYO M.A.P.S」もいよいよ大トリ、
RHYMESTERの登場です!
 
サッシャの紹介でステージに現れた3人を待ちわびていた
オーディエンスの熱気は最高潮に達し、圧巻のステージがスタート。
「10周年なのに俺たちがトリでイイの?」そんなジョークも交えつつ
ワン・アンド・オンリーのHIP-HOPを聞かせる3人。
DJ JINが2枚のレコードを使って作るビートに
宇多丸とMummy-Dのラップが自由自在に踊ります。
ヒートアップした会場が熱を持ったままライブは「人間交差点」で一旦終了。
 
しかし、帰ろうとしないお客さんのアンコールに応え、再び登場した3人は、
最後の最後までB-BOYイズムをステージで見せてくれました。
圧巻のKING OF STAGE!
最高のエンディングを飾ってくれたRHYMESTER、
そして「TOKYO M.A.P.S」を盛り上げてくれたオーディエンスの皆さん、
ありがとうございました!

M1. マイクの細道
M2. Still Changing
M3. ライムスターイズインザハウス
M4. ちょうどいい
M5. BACK & FORTH
M6. 人間交差点

<アンコール >
M7. B-BOYイズム


_DSC9821.jpg

_DSC9709.jpg

_DSC9649.jpg

_DSC9763.jpg

_DSC9815.jpg

観客の喜びの声と共に「東京は夜の七時」から幕を開けた、
野宮真貴さんのステージ。

時刻は午後5時45分、あたりは段々と暗くなり始めているものの、
まだ少しの明るさを残しています...
そんな六本木の空でしたが、曲が始まると時計の針を一気に進められ、
会場には「都会の夜」が広がりました。

続いて披露された曲は「渋谷で5時」。
再び、多くの人が耳にしたであろうこの曲が始まれば、
オーディエンスはさらにヒートアップ。
洗練さに磨きがかかったアレンジのアーバンなバンドサウンド2曲は、
東京・六本木にこれ以上ないほど似合っています。

さらに、先日リリースされたばかりのニューアルバム
「 野宮真貴、ヴァカンス渋谷系を歌う。〜Wonderful Summer〜」から3曲披露。
「サマー・ガール」「大好きなシャツ」「V.A.C.A.T.I.O.N」と
夏のヴァカンスの名曲群を続けさまに聴けば、
本日の野宮さんの衣装も相まって、
少し肌寒くも感じられたGW最終日の六本木ヒルズアリーナが、
一気に夏のヴァカンスムード一色に。

ラストはマラカスを手に、お馴染みピチカート・ファイヴの代表曲、
「スウィート・ソウル・レビュー」を歌い上げ締めくくったステージ...
「野宮真貴」を存分に堪能できた素敵な時間となりました。


M1. 東京は夜の七時
M2. 渋谷で5時
M3. サマー・ガール
M4. 大好きなシャツ
M5. V.A.C.A.T.I.O.N
M6. スウィート・ソウル・レビュー

_DSC9445.jpg

_DSC9540.jpg

_DSC9522.jpg

_DSG5959.jpg
TOKYO M.A.P.S 10th ANNIVERSARY EDITION、
早くも5組目never young beachの出番が近づくと、
待ちきれないお客さんたちで溢れかえっていた六本木ヒルズアリーナ。

大勢の観客の拍手の中、
堂々と登場したnever young beach たちが1曲目に選んだのは「どうでもいいけど」。
のんびりと力強く響く心地よいサウンド、
楽しそうに体を揺らしながら演奏する彼らを見て、思わずこちらも体を揺らしてしまいます...

続く「あまり行かない喫茶店で」を聴けば、
完全にネバヤンの世界に取り込まれるのを実感。
そのまま畳み掛けるように続く「Motel」では、観客の手拍子も加わり、
いつまでも彼らの作り出す情景に浸っていたくなります。
そんな気持ちに拍車をかけるように演奏されたのが「どんな感じ?」
徐々に日も暮れていく六本木に見事にマッチし、思わず周りを見渡してしまうほど。

曲と同じく、のんびりとした安部勇磨 さんのMCで観客の笑いを誘った後は、
「明るい未来」を披露し、待ってましたと会場の盛り上がりは最高潮に。
ラストは「夏のドキドキ」で、早めな夏の香りをほんの少し残しつつライブは終了。

見た人全てが自然と笑顔になれる。
GWの最終日、特別な休日感を得られたステージでした。

M1. どうでもいいけど
M2. あまり行かない喫茶店で
M3. Motel
M4. どんな感じ?
M5. 明るい未来
M6. 夏のドキドキ

_DSG5926.jpg

_DSC9910.jpg

_DSC9892.jpg

_DSC9906.jpg

_DSC9959.jpg
ちょっとだけ陽が陰ってきた午後3時30分。
「もうすぐGWが終わっちゃうなぁ...」みんなの頭にそんな思いが浮かんだ頃、登場したベリーグッドマン。

憂鬱を吹き飛ばすように、オープニングからたたみかけるように飛ばす飛ばす!
コール&レスポンスはもちろん、タオルを回したり、シンガロングしたり...

六本木ヒルズアリーナにいたお客さん、通りがかったお客さんを巻き込んで大盛り上がり!
何よりもお客さんの幸せそうな顔が印象的な時間でした。

M1. Good Time
M2. Brand New World
M3. まずはそこから
M4. ライトスタンド
M5. はじまりの恋
M6. おかん ~yet~

イチオシ_DSC9761.JPG

_DSC9694.JPG

_DSC9667.JPG


_DSC9690.JPG

_DSC9702.JPG
続いて、お揃いの衣装で登場したのはofficial 髭男dism。
メンバーの意向で"撮影OK"ということで
スマートホン片手に楽しんでいるお客さんもたくさん。

ボーカル藤原さんの、きれいに抜ける声がアリーナに響いて
『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』でライブスタート!
「本当はワンマンでしかやらないんだけど...」と
3曲目の『夕暮れ沿い』では、楽器の編成を変更。
ベースをサックスに持ち替えたり、リードボーカルが変わったりと
ミニマムな構成で1曲披露。

遠距離の切なさを歌ったという『ゼロのままでいられたら』では
会場全体が歌詞に耳をすませ、じっくり聴いています。
「今日、絶対にやろうと思ってました。全員に寄り添うように歌います。」と
演奏したのは、キラキラでキャッチーなナンバー『コーヒーとシロップ』。
そのままラストの『SWEET TWEET』まで駆け抜け、
キラキラした音がアリーナに降り注いだライブとなりました。


M1.犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!
M2. 異端なスター
M3. 夕暮れ沿い
M4. ゼロのままでいられたら
M5. コーヒーとシロップ
M6. SWEET TWEET

_DSC9497.jpg

_DSC9505.jpg

_DSC9445_1.jpg

_DSC9510.jpg

_DSC9458.jpg

すでにたくさんの人が集まるアリーナに
2日目のトップバッターとして登場したのは
エクスペリメンタル・ソウルバンドのWONK。
夜が合うかと思いきや、明るい空の下
最初の1音で会場を自分たちの世界に染めていきます。

1曲目『Common』の後に
「Are you ready?」と呼びかけ『1914』へ。
心地よいリズムにお客さんもゆらゆらと
体 全体で音を感じています。
4曲目『I Can't Go For That』ではサックスソロにシンセソロと
エモーショナルな演奏に、通りすがる人たちもつられて会場の中へ。
続く『J Dilla Medley』では
フルートの音色とハンドクラップが響きわたり、
そのままラスト『savior』へ。
気持ちいいグルーヴでアリーナを躍らせ
2日目のスタートを切りました。

1 Common
2 1914
3 Feelin' you(Y.N.K)
4 I Can't Go For That
5 J Dilla Medley
6 savior

_DSC0422.JPG

イチオシ_DSC0362.JPG

イチオシ_DSC0389.JPG

イチオシ_DSC0399.JPG

_DSC0366.JPG

_DSC0392.JPG

_DSC0434.JPG
2日目の「TOKYO M.A.P.S」も好天に恵まれ、GW最終日を締めくくるのにふさわしい、気持ちの良い1日がスタートしました。

トップを飾るのは現役女子高生シンガーのRIRI。
小学生の時に参加した、デビット・フォスター主催のオーディションで才能を見出せれ、デビューした新星。

ボーカルとピアノというシンプルなセット。
 1st EP 「I love to sing」から「COLOR ME」を伸びやかに歌い、
その歌唱力で一気に観客の気持ちを掴むと、
世界でヒット中のナンバー、The Chainsmokersの「Closer」をカバー。
そして、新曲「RUSH」を披露。
MCでは初々しさも感じられ、高校生らしい、一面も見えました。

近い将来、ビッグになること間違いないと確信させる堂々たるパフォーマンス
RIRIが最高のオープニングアクトを務め、
「TOKYO M.A.P.S」2日目スタートです。

M1. COLOR ME
M2. Closer
M3. RUSH

_DSC0236.jpg

_DSG5843.jpg

_DSC0258.jpg

_DSC0278.jpg
待ちわびたお客さんの熱気で、すでに大盛り上がり!
日が落ちたアリーナに1日目のトリとして登場したのはKREVA。

ステージに出てくるだけで会場は一瞬でヒートアップ!!
『瞬間speechless』でライブがスタートし、
「俺のラップの凄み、旨み、味わって!」と
存分にラップを堪能できる
『基準』『ストロングスタイル』『神の領域』と
さらに3曲続けてパフォーマンス。
一気にたたみかけ、魅せていきます。

そのあとは
『王者の休日』『イッサイガッサイ』『音色』と
ヒットソングを連発。
『居場所』では、KREVAからの「ここが新しい居場所になれば」
というメッセージを受け取るべく、
お客さんも歌詞に耳をすませて聴いていました。

ラストは「一緒に盛り上がりたい!」と『NaNaNa』を披露。
今日、1番のハンドクラップと合唱が響き渡り
1日目を盛大に締めくくりました。

M1. 瞬間speechless
M2. 基準
M3. ストロングスタイル
M4. 神の領域
M5. 王者の休日
M6. イッサイガッサイ
M7. 音色
M8. 居場所
M9. NaNaNa


イチオシ_DSC0182.jpg

_DSC0140.jpg

イチオシ_DSG5811.jpg

イチオシ_DSC0023.jpg

夕陽が差し込むヒルズアリーナに登場したのは、ダンサー菅原小春さん。

アニー・レノックスの曲に合わせ、
ステージに出てくると、至る所からは歓声が、、、。
曲に合わせのフリースタイルダンスを披露。
一挙手一投足を凝視する、、、
というよりは「固唾を飲む」という緊張感に包まれたヒルズアリーナ。

続いて、真っ赤なワンピースに衣装を変え、
バイオリンやドラムの生出演に合わせてのプリミティブなダンス。

指先からつま先、表情、
全身全霊で感情をステージにぶつける。
正に鬼気迫るパフォーマンスでした。

_DSC0035.JPG

_DSG5748.JPG

_DSC0058.JPG

_DSC0059.JPG

_DSC0066.JPG
続いて全員、黒い衣装で登場したのは雨のパレード。
リハーサルの時点で「時間があるから。」と、
本編ではやらない『Hey Boy』を披露してくれるなど
始まる前から会場を盛り上げてくれます。

ライブは『Tokyo』でスタート。
一気にアリーナの空気を自分たちの色に染めていき、
お客さんも気持ちよさそうに体を揺らしながら
その世界に引き込まれていきます。
3曲目の『1969』では、サビ前のブレークで
風もピタッとやみ、会場だけではなく
まるで空気まで雨のパレードに魅了されているよう。

「今日のピークをここに持ってきたいと思います。」と
ラストには『new place』。
笑顔で楽しそうに歌う、ボーカル福永さんのテンションにつられるように
お客さんも手を上げて応えます。

ライブ後には、MCサッシャの計らいで
今日、5月6日が誕生日というベース是永さんを会場全体でお祝い。
ピースフルで笑顔に包まれたステージとなりました。

M1. Tokyo
M2. epoch
M3. 1969
M4. Change your mind
M5. new place

_DSC9851.JPG

_DSC9779.JPG

_DSC9837.JPG

_DSC9803.JPG

_DSC9819.JPG

_DSG5728.JPG
Reiの盛り上がりをそのままに、4組目としてステージへ登場したのは
和田唱(TRICERATOPS)&chay。(略して「和田chay」)
昨年行われた、J-WAVE LIVE AUTUMNでのコラボが好評で
今回が3度目のコラボとなりました。

すでにリハーサルから会場は大盛り上がり!
そんな中、1曲目に披露された曲は、
chayの代表曲「あなたに恋をしてみました」をアコースティックバージョンで。
二人のギターから紡がれる心地よいサウンドに会場全体はあっという間に虜に。
楽しそうに演奏する二人にのせられ、思わず口ずさむお客さんもちらほら...

仲の良さそうな二人のトークから、続いてはTHE POLICEのカバー、
「Every Breath You Take」を披露したのですが...
途中、chayさんの歌声に思わず聴き入ってしまい、歌うのを忘れてしまった和田さん。
初めからやり直すハプニングがありつつも、2人で歌い上げた往年の名曲は、
見事にアリーナに響き渡りました。

「夜になったつもりで聴いてください」と始まった3曲目は、
TRICERATOPSの名曲「シラフの月」。
ムーディな雰囲気に包まれたなか、そのまま4曲目に突入。
この季節にピッタリな松田聖子の名曲「赤いスイートピー」を男女の絶妙なバランスで歌い上げた二人。

最後は和田chayの代表曲(?)「Let It Be (the Beatles)」でこちらも素晴らしい歌声を響かせて幕を閉じました。
あっという間に終わってしまった印象...
もっと二人の演奏を聴いていたいと思わせるライブでした。

M1. あなたに恋をしてみました
M2. Every Breath You Take
M3. シラフの月
M4. 赤いスイートピー
M5. LET IT BE

_DSC9651.JPG


_DSC9685.JPG

_DSC9641.JPG

_DSC9668.JPG
3番目に登場したのは、ブルージーなギターを鳴らす、シンガーのRei。
3ピースバンド編成で登場。ビートルズの「DAY TRIPPER」のリフから、
J-WAVEのステーションメロディーをギターで奏でるという粋な演出。

そしてライブは代表曲「JUMP」でスタート。
圧倒的な演奏力でお客さんを釘付けにして、通りかかった人達も思わず、足を止める姿が見られました。
続いて「my mama」「Black Cat」とたたみかけ、「Love Sick」で空気を一変すると、
ロックンロールナンバー「Route 246」では会場いっぱいにシャウトを響かせました。

彼女のキラーチューン「BLACK BANANA」で会場は一気ヒートアップ。
最後は「COCOA」でステージを締めくくりました。
エネルギッシュなパフォーマンスを目にしたお客さんからは驚嘆と感激の声が鳴り響いていました。

M1. JUMP
M2. my mama
M3. Black Cat
M4. Love Sick
M5. Route 246
M6. BLACK BANANA
M7. COCOA

_DSG5657.JPG

_DSC9488.JPG

_DSC9503.JPG

大きな歓声と拍手で迎えられたのは
トップバッターのLILI LIMIT。
ボーカル牧野の優しい声が響いて
1曲目『Girls like Chagall』で幕開けです!
楽しそうなメンバーの姿に
お客さんのテンションが上がっていくのも伝わってきます。

「踊れる曲を。」と演奏したのは、『Observe』。
四つ打ちの響く低音とリズムで踊らせていきます。
4曲目には6月に発売が決定している『Last Supper』。
初めて聴く人も多い中、手を振りながら
曲をしっかりお客さんに届けます。
そして、最後はこの時期にぴったりな、爽やかに駆け抜けるナンバー
『Festa』で、お客さんと一緒に合唱!
しっかり盛り上げて、次へのバトンを繋いだのでした。



M.1 Girls Like Chagall
M2. Kitchen
M3. Observe
M4. Last Supper
M5. Festa

_DSC9252.JPG

_DSC9194.JPG

_DSC9208.JPG


_DSC9292.JPG

_DSC9308.JPG

心地よい日差しと、時より爽やかな風が吹く、絶好のライブ日和となった10回目のTOKYO M.A.P.S 初日、気持ちよくオープニングアクトを見事に飾ったのは岩崎 愛。

「春が来て、もうすぐ夏が来る...」とまさに今日にぴったりな1曲目、
「最大級のラブソング」を弾き語りで伸びやかに歌い上げ、
TOKYO M.A.P.S開幕の期待感を盛り上げて頂きました!

まったりとした関西弁トークと、会場に響く優しくも力強い歌声で観客を惹きつけ、
全ての曲が終わると、気がつけばステージの周りには沢山の人達が...
10回目のTOKYO M.A.P.Sにふさわしいオープニングアクトとなりました。

M1.最大級のラブソング
M2.嘘
M3.東京LIFE


_DSC9108.JPG

_DSG5637.JPG

_DSC9121.JPG